2011年01月30日

押忍!空手道

空手を始めて3ヶ月あまりが過ぎた。想像以上にヘビィ〜で、何度も死にそうになってきたが、なんとか続いている。

先日一人の新入会員が入会した。
メガネをかけた青白い顔をしたプログラマーだそうだ。
想像するに、精神的にも弱く、空手で精神力でも磨こうか…といった雰囲気である。
完全に見た目は大人そうで、数ヶ月前に入会した私でも相手が出来そうな風貌である。

練習が始まり、隣でいるその新入会員の方から、風を切る音がしてくる。
なんだろう…と思ったが、気にする事なく、稽古に励んでいた。

組稽古します。と館長の声で、私は予想通り、その新入会委員と組み稽古をする事に。

「よろしくね」とちょっと上から目線で挨拶をしてやった…。


サウンドバックをもち、「キックしていいよ」と彼に言った。
ずどーん

私は彼のキックで息が出来ない…。顔に似合わない恐ろしいキックだ。

私は慌てて「経験あるの」と完全に下手で話しかけた。

「ちょっとボクシングを…」

後で知ったのだが、プロボクサーだったらしい…ふらふら

言うまではなく、この稽古で私は完全に逝ってしまったのである。


教訓。
人は見た目で判断出来ません。何事も謙虚な心が大切です。押忍。
posted by ossa at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。