2010年06月16日

フィットネスジム

いろいろダイエットに挑戦してわかった事。それは継続。そして根気。
わかっているけど、続かない。衰えを知らない食欲。これではダメだ。

結論、ラクしてダイエットはムリ。
結果、ダイエットにもお金が必要という事。

という訳で、いよいよフィットネスジムの門を叩く事にしてみた。
これでダイエットが失敗なら、もう痩せる事はあきらめる事にした。

へそを出したインストラクターにデレデレする訳でもなく、厳しく指導してもらった。
そして初日にトライするのが、ステップという台の上を登ったり、降りたり、いわば踏み台昇降的、ダンスである。
初心者向けらしい。
受講者も私よりはるかに上の女性も多数いたので、油断していたが…それは恐怖のエピローグにすぎなかった。

インストラクターの通りに手を叩いたり、手をあげながらステップを繰り返すだけなのだが、私は尋常ではないほど汗をかいて、わずか15分あまりで、もうみんなについていけず、それはまるで、カラオケの曲に取り残されても、歌い続けるおっさんのような光景にも似た姿だった。

手拍子なんかは、到底ムリで、よろめいたじじぃのように、その台をただ上がっていた。

「は〜い、ちょっと休憩」とかけ声の時には、私の周りだけが、汗でビジョ濡れだった。

私より10才は上の女性もなんと涼しげに汗を拭いていたのに、私は怒濤のごとく汗が流れおちるのであった。

がしか〜し、これは間違いなく痩せる。そう確信し、再びステップを踏む事30分、私の体力はすでに限界に達していた。

一緒に受講していたメンバーの方々は終わっても、またストレッチなどの機械で運動し続けていた。まったくなんという光景なのかと、目を疑ったが、フラフラな私に、またも年上の女性が、大丈夫?と声をかけてきたが、私が放った一言は「死にそうです」だった。

帰宅し、じょんになんでジムに行くの?聞かれ、じょんが「あ!そっか、デブだからか!」とスパイシーな言葉で私をののしった。

しかし、スポーツの後のビールはこれまたうまい!

あ!やべえ、これじゃダメじゃん。

とこんなフィットネスジムの始まりだった。
posted by ossa at 23:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたしも毎日暇なので、フィットネス2つも見学してきましたよ!あんなに疲れるの嫌だったあたしが、体なまりすぎて、動かしたくてたまりません。この前いろいろ測定したら体年齢はハタチでした!やった〜5歳UP↑↑奇跡です!ただヒップが理想からはるか8センチ越え…なんかイモ体型でした。。
Posted by Y at 2010年06月17日 07:21
今日、フィットネスジムで測定されます。
へそだしインストラクターの前で体脂肪や体重を測定されるかと思うと、自殺したい気分です。
とほほです。
Posted by at 2010年06月17日 09:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。