2010年01月04日

いろは

私は大の麺好きである。少々遠いところでもおいしいと聞けば、風が吹こうが、雨が降ろうが食べに行ってしまうものである。雨にも負けず、風にも負けず?どっかで聞いたフレーズだが…。

私のお気に入りは「いろは」である。
民家風というか、完全に民家を改装したと言わんばかりの古びたラーメン屋である。店内には無数のカレンダーが掛けてあり、決してお洒落なロケーションとは言えない。
しかも、看板ものれんもない。なんとも奇妙な店作りだ。

そしてこの店をきりもりしている名物おばちゃんがいる。このおばちゃんの指示に従わないと怒られる。勝手に店に入らない。おばちゃんが注文を聞きにくるまでは、注文してはいけない。など、この店にはしきたりがあり、食べているどの客も行儀がいい。
怖そうな人でも、ちゃんとこのおばちゃんに従っているところがすごい。

メニューもシンプルでカツ丼。ラーメン。特製ラーメン。だけで、それにライスや大盛りがあるくらいで他のメニューは存在しない。

カツ丼は1日限定5食らしいが、未だ食べている人を目撃したことがない。

私がおすすめするのは、特製ラーメン900円だ。iroha.jpg


揚げた豚肉が激うまだ。スープがもうたまらなく美味しい。醤油ベースだが、おそらく鶏ガラスープだと思うが詳しくは知らない。

聞くところによると、先代の社長が亡くなり(今は2代目)どうしても先代の味に追いつく事が出来なかった現在の社長が、苦肉の策で考え出したのがこの特製ラーメンらしい。
当時は裏メニューとして、お得意様しか口にする事が出来なかったらしい。

そして麺。稲庭うどん風でもあり、白石うーめん風でもあり、のびきった麺の感じもするがまたこの麺も特有で味わいぶかい麺である。

今まで横浜ラーメン博物館、札幌ラーメン、喜多方ラーメン、いろいろ食べてきたが私の壺はここのラーメンである。

昔山形に行ってラーメンを食べていた。麺はちぢれ麺(私はあんまり好きじゃない)スープもなんかイマイチで、完全にダメだしのお店だった。
そこに突然TVの取材がやってきてマイクをむけられた。「どうです?お味は?」とカメラをむけられると「いや〜実に濃厚な味ですね。麺もコシがあって、麺とスープのバランスがいい。癖になる味ですね」と完全に料理番組で語る辰巳琢郎ばりにこたえてしまった。
本当はまずかったのに…。

話は戻るがこのいろは、昼だけの営業だ。1時半ころ行けば確実に「売り切れ御免」の看板が店頭に置かれてしまう、人気のお店だ。

定休日もまちまちで、電話かけて聞いてもおばちゃんが「来て確かめて」というとても客に優しくない対応だ。

平均20分以上は外で待つ事になるので、覚悟の上来店したほうがいいだろう。

でも好みが別れるだろうが、醤油ラーメン党の方なら必ず気に入ると思います。
是非ご賞味下さい。
posted by ossa at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。