2011年05月19日

東日本大震災1

まさに、体験したことのない震災が私たちの住む宮城県に直撃しました。

れのんはたまたま卒業式で午前だけの登校で、その地震の時は私と一緒に携帯ショップにいました。

国道4号線沿いのそのショップを離れ、外に避難。そこに立っている事さえ出来ません。来るだろうと言われている宮城県沖地震がついにきたのかがく〜(落胆した顔)

4号線を走るクルマが急停止し、すぐに停電となりました。
れのんと二人抱き合って落下物が落ちそうにないところでただしゃがみこんでいました。

すごい地響きです。

じょんの事がとにかく心配です。二人で急いでクルマを飛ばし、家に帰宅。
そこで今回の地震の恐ろしさを味わうハメに…。

家に着くと照明やら、飾り物、食器のほとんどが壊れています。

「じょん」何度呼んでも返事がありません。慌てまくる私。
玄関にじょんのくつがないことで、まだ帰宅していない事に気付き、今度は通学路を急いで探しに行こうとした瞬間。
poohがいない。

台所の片隅で…

死んで…はおらず、ちょこんと座っていました。

poohを抱っこして、じょんを探しに急ぎました。


学校に着くと校庭に全生徒が避難していました。
泣きわめく子ども達。その大半は低学年の女の子ですが、じょんは先生と手をつなぎ、大泣きです。
男の子で泣いている子はじょんだけだったそうです。しかも、先生と手をつないで…甘えっ子つうかへたれです。

どうやら、家族の無事が確認出来ました。ほっ。

しかし、これはほんの序曲にしかありません。

実はこの日、おばあちゃんを迎えに行く予定であった事。れのんの髪を切る事。
そんな予定でした。

4時にれのんの髪を切る予約をしていた店は津波で流されました。

地震が2時間遅く訪れていたら…そう考えると、本当に身の毛もよだつ…事でした。
posted by ossa at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復活

大友家の人々。
大変長い間休んでいましたが、ようやく復活のめどがたちました。
閉鎖したの…との声もありましたが…
それもふくめ復活です。
posted by ossa at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。